HOME > フードフランスとは?
フードフランスとは?

2003年にアラン・デュカスの発案により企画された「フードフランス」は、メディアから見落とされがちな地方で活躍する若き才能あるシェフを後押しし、伝統と風土を基本としたフランス料理の奥深さをアピールすることを目的にパリで開催されました。

その後2006年までにアラン・デュカスに選ばれ、参加したシェフは43人。「フードフランス」はパリに集まるグルメや料理ジャーナリストの注目を集め、参加したシェフの多くがその後ミシュランの星を獲得したり、店を改装したり、ホテルを併設したり、本の出版や新たに店をオープンさせたりと活躍の幅をより一層広げ、フランス料理は時代と共に進化し、ダイナミックかつ多様性に富んだものであることを証明し続けています。

食文化への造詣が深く、またフランス文化への関心が高い日本でも2006年より「フードフランス」が開催され、これまでに延べ25,000人以上の美食家をはじめ、プロの料理人、飲食業界関係者、プレス関係者、料理研究家などの皆様に、フランス料理の新しい才能と、パリだけではない地方の魅力もご堪能いただいています。

▲page top
Copyright © AUDACE Corporation. All Rights Reserved.